雨が降る祝日の夕方に読書を

仕事として、日光市へ向かうことが凄く多かった。
北関東地方に位置する日光は栃木県にあって、内陸県で、背の高い山に囲まれている。
もちろん、冬の時期には積雪し、除雪車やチェーンは必要だ。
秋のシーズンには、東北道で、2泊3日で行って、帰ってきてからまた2泊3日というスタイルが多くて、ニュースなどで日光の様子が紹介されると懐かしく思ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い表現がある位なので、一度は見た方が良い県だ。
少し述べさせてもらうと、見どころはやはり日光東照宮。
江戸時代に活躍した徳川家康の眠る場所で、境内の様子に驚くだろう。
他にも、高い山の上方に位置する日光湯元温泉。
硫黄泉とのことで、白色で、熱めの温泉。
この温泉に入ると冷えも治るのではないかと思う。
東照宮が建てられた時は、奥日光湯元温泉を目標にたくさんの湯治客が集まったようだ。
様子が想像可能な古い歴史を持つ栃木県の日光。
宿泊所の紹介も一緒にツアーブックにたくさん載っているここ日光に、また行きたいと思う。

気持ち良さそうに泳ぐ父さんと月夜
じっと見てしまうくらい美人さんに出会ったことがありますか?
過去に一回だけあります。
バス内で同い年くらいの人。
同性の自分ですが、ときめいてしまいました。
どれくらいケアをしているか、という自分の努力も関係すると思います。
しかし、本人から出てくるオーラはたぶん存在しますよね。
本当に魅力的な方が多くいるんだなーと思いました。

暑い木曜の深夜に冷酒を

会社員だったころ、いまいち退職するチャンスがなかった。
何としてでも辞めたかった訳ではないから。
仕事をする情熱がなかったのかもしれない。
面倒くさくなって、その日は、ハッキリ今月で辞職すると話した。
そんな日になぜかは分からないが、普通は少し気難しいと思っていたKさんが、声をかけてきた。
話している中で、ほとんど事情を知らないKさんが「この業種、大変だけど、だけどあなたはしばらくやっていけるよ。」と言ってきた。
なぜか悲しくなった。
そして、その日の帰りに、会社に退職を無かったことにしてもらった。

どんよりした祝日の明け方は熱燗を
明日香は、学校で一番に心を開いた親友だ。
明日香ちゃんの魅力的なところは、可愛くて、細かい事は気にしないところ。
私から友達になってと言ってきたようだが、たしかに、そうだと思う。
一緒に過ごせば、全てがシンプルになるので、とてもほっとする。
引き締まっていてスレンダーなのに深夜にファミレスでステーキを食べに車を走らせたりするらしい。

汗をたらして自転車をこぐあいつと僕

どこかしらただの布は高い。
子供が幼稚園に入園するので、本入れやボール入れが入用なのでありながら、どこか布が安い物がなかった。
ことのほか、アニメのキャラクターものの縫物用の布なんて、めちゃめちゃ高かった。
キティーちゃんやアンパンマンの縫物の為の生地がたいそう金額がいった。
指定の形のの入れ物を買った方が手っ取り早いし、安そうだが、田舎なので、確認したら、みんな、母親が縫ったものだし、近くに販売していない。

じめじめした平日の夕暮れは食事を
買いととのえた裁縫するための布で、園に通い始める自分の子供のきんちゃく袋を作成しなくてはならない。
というか家内が作成するのだが、私もいやだというわけではないので、時間がかかるようだったら役割分担をしてやってみようと考えている。
園で使うものをしまう袋が幼稚園に行くのにいるみたいだ。
ミシンもどうやら受け取った。
使用感も感じてみようと思っている。

雹が降った木曜の夜に友人と

暑い季節は生ビールが非常にうまいけれど、ここ最近そんなに飲まなくなった。
20歳のころは、どんな量でも飲めたのに、年をとって次の日にお酒が残るようになってそんなに飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃は非常にあこがれ、行くのが大変楽しみだったけれど、仕事の関係で嫌になるほど行って、俺のイメージの中では、現在、印象が悪い。
けれど、取引先との付き合いの関わりで大変久しぶりにビアガーデンに行った。
とっても久しぶりにおいしかったけれど、テンションが上がってたいそうアルコールを飲みすぎて、やっぱり、翌日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

気分良く泳ぐ友人とアスファルトの匂い
知名度のある見学箇所の、法隆寺へ訪れた。
法隆寺だけという伽藍配置も思う存分見れて、立派な五重塔、講堂も目にすることができた。
博物館で、国宝指定されている玉虫厨子があり、思っていたよりも少しだけ大きかった。
法隆寺に関して勉強するにはきっと、膨大な時間を欲するのではないかと感じる。

具合悪そうに大声を出す彼と電子レンジ

ここ最近、ひとり娘が運動場で遊びたがらない。
暑くてきついからか、室内でお気に入りが非常に楽しいからか。
前までは、非常にいつもの広場に遊びに行きたがっていたのに、此の程は、ちょっとも行きたがらない。
なんというか、男親としては、現在困ることもなく、気にしないが、だけれども、しかし嫁はわずかでも困っている。
けれど、暑すぎる場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

寒い月曜の日没はシャワーを
わたしは、敏感肌で、ファンデーションは全く使用してはいけないし、ケアも限られている。
従って、フルーツや栄養剤の力に頼ることになるのだが、近頃摂っているのがゼラチンだ。
飲み物に溶かして、毎朝愛飲しているけれど、少し肌が艶やかになった。
なんと、習慣にしてから実感するまで即効性があったので、びっくりした。

コンテンツ